外資系転職の極意

外資系転職は日系企業転職との違いを知ることから

ここ数年、経済界は大きくグローバル化しています。日本には多くの外資系企業が進出。そして、外資系企業が生み出している雇用も、年々大きくなっています。ということは、誰でも、外資系への転職を選択の範囲に置くことができる時代だといえます。

 

しかながら、初めて外資系企業へ転職される方には、外資系企業転職と日本企業への転職との違いに戸惑われるかもしれません。そのことを知っておくことが、スムーズに外資系への転職を成功させる要素です。このサイトでは、外資系在職25年の管理人が、その辺のところを詳しく解説しています。

 

まず、外資系へ転職するとき頭に入れておかなければならない点は:

配属されるであろう部門の長が最終権限

一般的に、外資系は配属される部門の長が最終採用決定者です。ここが日本企業と外資系企業との大きな違いです。一方、日本企業では人事部が大きな権限を持っています。

 

どのような仕事をしたいのか

外資系では応募者がどのような仕事をしたいのかという明確な意思を重要視します。ただ良い会社だから入社したい、というあいまいな考えは通用しません。

 

外資系は人材紹介会社を駆使して採用する

新卒採用は別にして、外資系は人材紹介会社を駆使して人材を集めています。ということは、外資系への転職は人材紹介会社を利用しなければ不可能ということが言えます。

 

これから外資系転職についていろいろお話していきますが、以上の点を念頭に置いてこのサイトをご覧ください。


サイト目次

外資系に強い人材紹介会社

【リクルートエージェント】

転職のリクルートエージェントが、約30万人を成功に導いた3つの理由。それは、まず、リクルートならではの業界トップクラスの求人数。次に、他にはない非公開求人。そして、業界・業種に知識に精通した頼れる専任アドバイザーがいることです。さあ、あなたの転職も本当のプロと始めましょう。

【リクルートエージェント】

マイナビエージェント

人材紹介を選ぶポイントは“求人数”と“サポート力”!35年以上の歴史あるマイナビの人材紹介【マイナビエージェント】は、大手・有名企業から隠れた優良企業まで太いパイプを持っているので求人数が違います。また、1社1社に合せた職歴書作成のアドバイスや面接対策など、サポートが徹底しているから、転職成功の確率が格段にあがります。

マイナビエージェント